エンジン屋さん、白内障の手術!

ゴールデンウィーク前、購入予定のケータハムBDAスペシャルエンジンを手掛けたエンジン屋さんにクロスミッションを探してもらえるようにお願いしてありましたが、なかなか連絡が来ません。

 

社 たぶん倉庫にあるから5/7以降に探しておくね。

 

と言われて16日に電話すると、

 

エ 社長は明後日まで出張です。

 

 

ということで本日電話してみました。

 

 

社 ごめんねー、実は白内障の手術してたから探せなかった。

来週も反対の目を手術するから月末まで待ってね。

 

!?

 

 

そうだったんですか、大変でしたね。

 

 

ところで、クロスミッションとは別にウェーバーを45から48パイに変更する金額も参考までに出してほしいです!

 

 

社 新品が9万2つ、あれが〇万、これが〇万、あ、あれも〇万・・・

 

 

えっと、出来れば見積りで出してほしいです。

 

 

もともと、社長が組んだBDAスペシャルエンジンは48パイがベストなセッティングを出せると聞いていますので、せっかく乗るなら(予算が許すなら)社長が考えるベストな状態で乗りたいと思っています。

 

ベストなバランスは48パイなのに・・・と思いながら45パイで乗るのは悔いが残ると思うので、どうせならクロスミッションと一緒にやっておきたい。

 

 

社 なるほどね。パワーはもっともっと出せる。けど下は犠牲になるよー

だからクロスミッションは必須。でも、レースやってるから大丈夫か・・。

 

 

 

分かる範囲で大丈夫です。作業をしてみないと分からないことがあるのは承知していますから。

 

 

社 そうか、なら話が早い。最近はそういったことが理解できず、

最初に出した金額じゃないと納得しないお客さんが多いから・・。

わかった。じゃあ見積りしておく。

 

 

 

よろしくお願い致します。

 

 

ということで、ケーターハムBDAが来るのはまだまだ先ですが、

 

 

車庫は着々と準備中。

 

 

コンクリートにアンカーで木材を固定し、柱を立て、垂木を打ち、

ポリカーボネートの波トタンを打ち付けました。

 

あとはケータハムのサイズに合わせたカバーに竹のフレームを組み合わせ、

簡単に出動できるように最後の工夫。

 

 

カバーを止めるため床のコンクリートにアンカーを打ち、そこからカバーをゴムで引き付けて固定する案が進行中です。