JPEセブン ロアアーム交換完了

ディーラーからロアアーム交換完了のメールが来たので取りに行ってきました。

交換済みの削れたロアアームを見ながら、ナットを締める部分の溶接が削れていたから、溶接が一周していない状態なのを確認。

交換しないと強度が一か八かで走る状態でした。

メカさんからブレーキのエアーが噛んでいたからエア抜きしておきました。

と説明があったので、ブレーキマスター交換してエア抜きの試走中にロアアームが脱落したことを説明。

あぁ、、。

はい。そういうことです。

ちなみにエアがなかなか抜けなかった原因は、リアキャリパーの取付角度が原因で、エアーを抜く際、キャリパーを外してエアーが抜ける角度にしながらエア抜きしないと抜けないコトが判明。

最終的に3つの原因でエア抜きがなかなか出来なかったことがわかりました。

1.フロントキャリパーは2ヶ所でエア抜きぐが必要。

2.ブレーキマスター交換時はマスターバック接続パイプ部分の付け根にエアが溜まり、そのまま通常のエア抜きでは抜けない。緩めて角度を考え意図的に抜く。

3.リアキャリパーはエアが抜ける角度に傾けながらエア抜きをする。

ふぅ。勉強になりました!(^^;;