JPE スーパー7 ブレーキマスター交換

今日は気になっていたブレーキタッチを改善すべく、ブレーキマスターをAP製に交換します。

ダイレクト感が出る保証はありません。でも今のままだとまるで普通車のブレーキタッチなので残念すぎる。

人柱になって頑張ります!

いつもお世話になってる近所のスタンドでリフトアップ。

お手伝いしながらブレーキオイルを抜きます。

ブレーキランプのスイッチ部分を緩め、ブレーキペダルの接続を外したら、

あとはブレーキマスターのナットを緩めてブレーキマスターを取り外し。

AP製を取り付けておしまい。

作業はあっと言う前に終わりです。

あとはブレーキオイルを入れながら、フロントブレーキ左右から順番にエアー抜き。

キャリパーのネジを緩めてガンガン踏んで、ネジを留めて踏みっぱなし、ネジを緩めると踏みっぱなしのブレーキが奥に入っていき、再び留めて完了。

4輪順番に終わってブレーキタッチは、、、フカフカ!

えっ?全然エアー噛んでますけど・・

もう一度4輪やって、ブレーキタッチは、、フカフカ!

ここでフロントキャリパーは内外2か所で抜くところがあることに気付く!

フロントをもう一度やり直し

今度こそブレーキタッチは、、、フカフカ!

ここでスタンドの社長登場。

マスター交換したならマスターと接続したパイプ付け根部分にエアーが抜けずに残ってる可能性がある!

緩めて確認してみると、大量のエアーが出てきた!

なるほど、マスター交換したらいつもと違うところにエアーが噛む。勉強になりました。

今度こそブレーキタッチは、、、フカフカ!!

もう訳が分からないので試走してみることにします。

果たしてブレーキタッチは良くなるのか?!

続く