イタリア BERETTA 並行輸入状況

入許可をすでに取得している銃砲店に銃の予約をお願いしてあり、本日イタリア本国在庫含めた連絡がありました。

 

 

依頼してあったのは BERETTA DT11 BLACK PRO SKEET

 

 

スキートの大会で使用している人が多いため決めた銃です。

 

 

ただし、正規輸入品は並行輸入と比べて数十万も高い!

 

 

 

車と違い、国ごとの機構や標高でエンジンの燃調を最適化する・・・などということは考えられず、部品で困るようなことも無いのに数十万も余分に支払うのはナシだな。と判断。

 

 

 

並行輸入できる銃砲店、且つすでに輸入許可を持っていてすぐに輸入できそうなところに依頼してありました。(正規輸入でも半年から10ヶ月待ちはザラだといわれているくらい銃は待たされます)

 

 

 

もっとも、銃の所持許可までが講習や試験、実技教習や身辺調査など、そもそも1年がかりなので、射撃に関しては待たされるのがデフォルト。

 

 

すでに「数ヶ月待つよ」くらいでは何も驚きません。

 

 

さて、PROはTSKの可変調整銃床(ストック)がついていて、長さを変化させられるタイプですが、イタリア本国に確認したところイタリアの在庫は全てにLサイズが標準でついていて、希望するSサイズはベレッタ BERETTA からストック(銃床)だけ取り寄せて交換してからになるみたい。

 

 

そして、ストックの輸入許可は3~4週間で下りると思う・・とのこと。

 

 

 

なるほど。また時間がかかるということかw

 

 

まだまだ先は長い長い!