パラグライダーに挑戦!

ケータハムBDA、クレー射撃共に時間がかかりそうなので、

 

 

本日、パラグライダーに挑戦してきました w

 

 

体験予約できるところをネットで探し、候補を順番に確認したところ、最初の体験で10mくらい高く飛んでいそうなのは本日挑戦したココだけ。

 

 

他はインストラクターとの二人(タンデム)体験や、一人だったとしても少しだけ浮いて数メートルでおしまい。

 

 

 

後で聞いた話ですが、言うこと聞かない人とかいるし、万が一素人が高く上がってしまったら大変だし、体験はちょっと浮いたくらいでおしまいにするのが普通みたいです。

 

 

 

ところが、このコース、

 

 

というか、ココのインストラクターのお二人、

 

 

イ コースを外れても木に引っかかるだけだし、たいしてケガはしないから大丈夫!上空で何かあってもパラがついているんだからドサッとは落ちないし・・・w

 

 

リスクを取って楽しむのが普通という考え方!

 

It’s 海外標準w

 

 

 

ということで体験開始

 

 

朝一番は1時間程度、ビデオでお勉強。

 

 

それからお昼までは実技でお勉強。

 

 

練習用のあまり飛ばない昔のキャノピー(パラグライダー本体)を使い、準備の仕方、チェックの仕方、フライトスーツ装着の仕方、ハーネスの持ち方、からはじまり、

 

 

キャノピーのエアインテークから風を入れて(エアーが入るとダウンジャケットのようにパラグライダー自体に厚みが出る)キャノピー自体をきれいに膨らませつつ、頭上にもってくる練習

 

 

 

頭上にもってきたら走り出して浮く寸前まで、右や左に方向転換する練習

 

 

止まる練習

 

 

 

坂を上がっては準備して駆け下り、

 

 

 

坂を上がって準備して駆け下り、

 

 

 

運動不足だとけっこうしんどい!

 

 

 

 

が、途中ふわっと浮いたこともあり、やる気が出る!

 

 

 

きょうは良い風が来ているとのことだったので休憩なしで続けて練習!

 

 

 

 

イ 何か運動してた?筋が良いね

 

 

と褒めてもらったので、さらに休憩したいのを我慢w

 

 

 

やせ我慢しながらガツガツ練習していたらインストラクターから

 

 

 

イ もう大丈夫そうだから基礎練習は30分早めに切り上げてお昼休憩、午後飛ぶ時間を多くしましょう。ということになりました。

 

 

順調みたいだ (^^)

 

 

 

そして昼一発目、少し新しい型のキャノピーでいよいよ飛ぶ練習を開始!

 

 

 

一発目!

 

 

 

 

インストラクターは滑空中の指示を出すため100m先に待機

 

 

 

 

練習どおり腕を横に、2~3歩前に出ながらキャノピーに風を入れ、立ち止まりながらキャノピーが頭上に来るのを待ち、一気に前に駆け出します!

 

 

 

すると4~5歩でいきなりフワッと3mほど舞い上がり、さらにグイグイ15m以上高く舞い上がり、高っ!

 

 

 

下からインストラクターが「両手頭」「左手肩」「もっと」とかの指示を出します。左に旋回、やばい木のてっぺんに当たる!足を上げてお尻かすった!右に旋回!やばい反対側の木に突っ込む!インストラクターから「両手腰、ブレーキ!ストップ」の指示

 

 

木に向かってバサバサバキバキーと着地

 

 

人は木の手前の藪に突っ込んだ程度でしたが、キャノピーは木の上を超え枝にからまってしまいました。

 

 

全員に手伝ってもらいキャノピー無事救出!

 

 

 

 

いきなり200m近く滑空した

 

 

 

楽しすぎる ♪

 

 

 

それから4本、いずれも高さ10m以上、100m以上の距離を滑空。

 

 

 

着地に失敗すると地上でキャノピー引きずられる

 

 

 

転げ回る

 

 

山の中で

 

 

 

子供か!w

 

 

 

楽しい (^^)♫

 

 

 

インストラクターからも

 

 

イ 初挑戦なのに5本はなかなか出来ないよー

 

 

 

やった!天気も風のコンディションも抜群の日だったみたいで運が良い!

 

 

 

 

ここで僕の体験コースは無事終了。修了証書をもらい、他の方が地上300mから滑空するというので着地地点で見せてもらうことにしました。

 

 

遥か遠くの山から飛び立つようですが、遠すぎてまったく見えない。

 

 

 

鯉のぼりのような吹流しが風向きによって一瞬見えるくらい。

 

 

 

次の瞬間、

 

見えた!

 

 

パラグライダーが飛び出した瞬間からははっきり見えました!

 

 

めっちゃ高っ!

 

 

怖いだろうなぁ〜

 

 

めちゃくちゃ楽しそう!

 

 

上昇気流の条件と腕が良ければ・・ということになるけれど、ここから4,000mまで上がった人もいるらしい!

 

 

凄いなぁ!と感心していたら、インストラクターから

 

 

いやいや、世界では10,000mまで上がる人もめずらしくないよ~。この前も競技で10,000m上空で数人気を失って、気を失ったまま7,000m~8,000mまで下がったところで意識が戻り、そのまま無事に戻ってきたこともあったよー。

 

 

10,000mとか、楽しすぎる!

 

 

 

年に1回、ここからエンジン付のパラモーターで100kmの長距離を遊覧飛行する!なんてのもあるみたい。

 

 

イ 70代の人もやってるよー

 

 

 

 

50代でも余裕でできる!

 

 

山で転げるけど

 

 

森に突っ込むけど

 

 

楽しいじゃないか!

 

 

ブログのタイトルに加えなくては!www