ケータハム BDAハイチューンに乗った!2

こうなると、楽しめる絶対条件は軽量であること。

フォーミュラの開放感が味わえるオープンであること。

公道でエンジンが回せる程度のパワー感(1速で100kmでてしまうハイパワーは公道では超つまらない)

官能的なフィーリングがあること(電子制御の真逆、NA限定)

 

軽量、オープン、そこそこのパワー感、官能的、これらのバランスが取れた車を探した結果・・。

 

イギリスにたくさんあったのでひとつずつ検証。

 

 

【 ロータス 2Eleven 】

もともとロータスエクシージに乗っていて、これでは変える意味が無いので却下。

 

【 アトム 】

動画を見るとパワーで速いという感じがして、バランスが良い(乗っていて気持ちよい)感じが伝わらないのと形がきらいなので却下。

 

【ゼノス】

動画を見るとロータスと同じような感じなので却下。

 

【ラディカル】

これは結構迷ったけれど、試乗1分で却下。(サーキットメイン、サーキットの隣町に住んでいるならありかも)

 

 

うーーん、なかなか「楽しそう!」って思える車が無い!

 

無い!

 

 

無い!

 

 

ふと、ケータハムセブンをググる。

 

ん?

 

動画をググる。

 

おっ?

 

キャブ仕様をググる。

 

BDA? コスワースエンジン?

 

こ、これだぁ!!!!!!!

 

 

いろんな人に「危ないからセブンだけはやめなさい!」と言われていましたが、バイクに乗ったり世界中ノーヘルバイクの国を見てきている僕はリスク許容度が一般的な日本人とは違います。

 

 

決めた!

 

中古車情報をググりまくる日がはじまりました。

 

つづく