南米縦断1 メキシコからペルー

今回の南米はメキシコからペルー、エクアドル、コロンビア、ボリビア、ブラジル、ウルグアイ、アルゼンチン、チリ、をまわるルートで行って来ました。

 

 

メキシコシティ到着、入国審査後、ロビーに出ずに左乗換エスカレーターで上へ。

目の前が手荷物検査場。飲みかけの水は没収(メキシコは厳しい)。
手荷物検査の上がエアロメヒコのラウンジ。
日本との往復だけはビジネスクラスにしたので、ペルーへのフライトまではラウンジで過ごします。
wifi、電源あり。料理は少々。ナッツとスプライト、GPD Pocket に映画を10本以上入れて来たので暇は十分つぶせます。
そして、

 

 

 

 

 

人生36カ国目 ペルー空港に到着。只今真夜中。ペルビアンカウンターが見つからず警備員に尋ねたら、4:50発は2-3時にならないとカウンターがないと言われた。小さな航空会社だから当たり前と言えば当たり前だ笑。

2階に上がりトイレ、脇パッド交換(脇汗と消臭の優れもの)、dカードでペルー通貨キャッシング(ATM500、13.65手数料表示)。
軽食店に座りSIM交換。Claro 3G はメチャ遅い。レモネード10ソルで時間潰すことにする。docomoはmovisterに繋がってるが、ivideoはClaro以外繋がらない。
SIMフリー端末の違い?SIMの違い?ドコモも海外パケホーダイ以外に開始から24時間980円のサービスがあるようだ。
国内パケット定額サービスのデータ量を利用できるとある。お申込み必要。次回要検討だなぁ。
なんて余裕をかましていたら早速問題発生。
エクスペディアからAvianca便欠航になったと連絡メール。日本に電話して便変更。ガラパゴス→キト、直行便じゃなくなった。
グアキアル空港で乗ったまま待ち、他の乗客が入れ替わりキトへ行く便。同価格じゃ合わないなぁ。
1時間40分前に戻ったらペルビアンカウンター開いていた。すでにすごい人。
カウンターでパスポートを見て少し待てと言われた。見ながらどこかに電話してる。何かハンコが無いのか?
特に何も言われずチケット渡された。ゲート34とある。
2階に上がり手荷物検査。自撮り棒、サニタリーグッズ開けられ再検査。
34に向かうけど、ゲートは13だった。さすがペルビアン航空。
欠航の手配で仮眠出来ず眠い。このままマチュピチュまで高山病大丈夫かなぁ。
そして、
さすがペルビアン航空。搭乗時間過ぎても案内無し。
しかも、
便名223が221になってて同時間に2便になっている。さすがペルビアン航空。
アナウンスなし!
分からんっちゅうの。
つづく