明日はFE(フォーミュラエンジョイ)の走行があるので、最高の走りをするために今日はロータスエキシージ改(ホンダK20スーパーチャージャー)で鈴鹿サーキットフルコース走行です。

明日はFE(フォーミュラエンジョイ)の走行があるので、最高の走りをするために今日はロータスエキシージ改(ホンダK20スーパーチャージャー)で鈴鹿サーキットフルコース走行です。

箱車(屋根のある車)での走行も4回目になり、結構慣れてきました。あくまでフォーミュラーの練習のためだからタイムアタックする訳でもないけれど、そこそこ攻めながら走れるようになりました。

が、気をつけないといけないのは馬力がある車は失速してもすぐに持ち直せるけれど、FEはそうはいかないので、FEをイメージしながら常に走っています。

それにしてもサーキットをこれだけ気軽に走れるエキシージは便利です。目的バッチリ。今日はポルシェGT3が一緒に走っていましたが、ストレートエンドのブレーキングとコーナーは軽量のこちらが圧倒的有利でストレートで抜かれて、またストレートエンドで追いついて・・・の繰り返しでした。走りにくいのでピットに入ってずらしましたが、軽量っていうのはサーキット最強だなぁと強く思った一日でした。フォーミュラーはさらに半分近い。そりゃ楽しいし速いよなぁ。

 

頑張ります ( ̄^ ̄)ゞ

明日レースの人と一緒に走ります

本日も鈴鹿サーキットは西コースイン。明日はクラブマンレースの為、前回に続きレースを走る人と一緒に走ることが出来ます。

前回、僕より遅い人がレースに出ていることが分かり、がぜんやる気になってしまったので、今回はめちゃくちゃ気負っての練習参加です。FEはとにかくパワーが無いのでコーナーでスピードを落としてしまうとタイムロスが激しい。かといって落とさずに滑らせてしまってもタイムが落ちる。感覚的にはいつも滑ってるギリギリの状態でコーナーを抜けているときが良いタイムが出ている気がします。

そしてスリップストリームがめちゃくちゃ効く。速い人にくっつて分かったことですが、非力だからピッタリ後ろについて風邪の抵抗がなくなると「スッー」っと前に引き寄せられます。

立ち上がりでスリップにつけるようになればタイムの速い人にも付いていけることがわかったので、今日はずっと速い人のスリップにピッタリつくことを意識して周回を重ねました。

意外といけるかも?! 今日の練習の成果は大きい!

 

頑張ります ( ̄^ ̄)ゞ

エキシージホンダエンジンで鈴鹿サーキット 2回目

今日は箱車の走行枠なので、ロータスエキシージ改で鈴鹿サーキットフルコース。5番ピットに入ったところ、なんと偶然。TKスポーツさんのエキシージがすでに2台入ってましたw

2台ともオーバーフェンダー、リア周り全部カーボンだったり、異次元の改造。もちろんTKさんなのでエンジンはホンダK20に載せ替えスーパーチャージャーw。そして車検対応。

ここまでくるとマニアだなぁと思いますが、以前プロレーサーに、もうマニアなんて言わないよ。ここまでやるのは「オタクの世界」です。って笑われたことを思い出しました。

僕のエキシージは「か・な・り」なものだと思っていましたが、このピットを見る限り「普通」でした。いやいや、ロータス乗りはみんなすごいというのがよーく分かりました。

走行もけっこう責めてましたしね。

僕はフォーミュラーがメインですけど、負けてられないなぁ。

 

頑張ります ( ̄^ ̄)ゞ

鈴鹿クラブマンレース前日 練習走行

明日は鈴鹿クラブマンレースです。レースはF4、FJ、FE、VITAなど各クラスに分かれて数レース行なわれます。レース自体は2日間のスケジュールで、前日に選手受付の書類審査で免許停止中じゃないか?ライセンスが切れてないか?出場できる資格があるのか?をチェック。さらにヘルメットなど安全装備の有効期限が切れていないかなどの装備品チェック。があり、それ以外は各クラスの練習走行時間。

2日目は各クラスごとに選手を集めてブリーフィング(安全にレースをするための指導)、予選、決勝がスケジュールされています。

僕はレースに出れるようなタイムではありませんが、明日の優勝候補の人と一緒に走れるというのは大チャンス。とにかく後ろにつけて出来る限り長くその走りを盗みたいと思います。

レース前の練習走行は、いつもと違ってF4などの速いクラスと混送しません。FE同士だけで走ることができるため、常にバックミラーを見ていなくても突然追いつかれることは無く、前に集中して走ることができる最高の環境です。

30分の専有走行枠が3本、90分。これまでにない集中力でいろんな人の後ろに必死で付いていきました。そして気付いたこと。

ん?僕より遅い人がレースに出るのか・・・・!

 

さぁ大変。レースに出る気はまったくなかったのに「いけるかも」って思ってしまいました。これまでサーキットをフォーミュラでそこそこ走れれば満足だと思っていたのが、「レース出たいかも」に変わった日になりました。

が、頑張ります ( ̄^ ̄)ゞ

いつもと違うフォーミュラマシンで走ります

今日は前回と同じく鈴鹿サーキット西コースイン。前回クラッシュしているので、今回は違うマシンをレンタルして走ります。同じFE(フォーミュラエンジョイ)で同じセッティングのはずですが、動きがちょっと違う。タイムも違う。おもしろいです。フレームのヤレの関係?エンジンの当たり外れ?素人ながらにいろいろ考える訳ですが当然わかりませんw。

それよりも素人ドライバーの経験値として良い経験になりました。

2日後にFEのレースがあるため、速いドライバーもけっこう練習に来ています。ぜんぜん付いていけませんが、抜かれてしばらくは後ろにくっついて走り方を盗む。また抜かれたらくっついて走り方をよーく見る。の繰り返し。

結果、タイムが大幅に良くなりました!

一人で走るとあいかわらずコーナーに突っ込みすぎて、コーナーの立ち上がりでどんどん離されてしまうのが、目の前にいると同じようにブレーキングして速めにアクセルを開けるので明らかに立ち上がりが速い。結果タイムが大幅に改善。

明日はレース前日。またまた速い人がたくさん集まるので一生懸命着いていって少しでも技術を向上させようと思います。このやり方は上達がはやい!

 

頑張ります ( ̄^ ̄)ゞ

鈴鹿本コースで初クラッシュ

今日は西コースインで鈴鹿本コースを走ります。鈴鹿の場合、メインパドックが大きなレース準備などで閉鎖されると西コースを走るときのパドックからコースインのフルコース走行になります。その他にも鈴鹿の本コースは、東と西を分けて、東はフォーミュラ、西は二輪の走行枠・・・ってこともあります。それぞれ東半分をグルグル、西半分をグルグル周回している感じです。

さて、フルコースの高速走行にも慣れたころ、やってしまいました初クラッシュ。ケガはありませんが、当たった瞬間何が起きたかわかりませんでした。左中央に相手のタイヤ痕、けっこう丈夫なはずの左カウルが避けた状態。

今日は精神的に撃沈。反省。

 

次、頑張ります ( ̄^ ̄)ゞ

フォミュラーで鈴鹿本コース 3回目

フォーミュラーの超入門編、FE(フォーミュラーエンジョイ)クラスで鈴鹿サーキット本コース3回目の走行になりました。本コースにも慣れてきたので、そろそろタイムが気になります。が、今日も数多くのF4クラスとの混送枠。自分のことばかり考えてるとぶつかってしまうので、バックミラーを常に見ながらの走行になります。

メンテナンスでブレーキローターを交換してあるため、1本目の枠の前半は焼き入れ走行。いきなりフルブレーキなんてしてはいけません。焼き入れが終わるまで、じわりじわり熱を入れる感じでブレーキングしていきます。

今日は同じレース屋さんガレージからもF4が一緒に走るので、本格的なフォーミュラーカーを間近で見ながらの練習になりました。やはりF4と比べるとFEはおもちゃみたい。でもこんな速いの絶対乗れないし・・・と思いながらFEでグルグル周回を重ねます。

本コース3回目でバックミラーにどれくらい遠くに写ればこのコーナーは追いつかれないとか、ある程度分かって来たので、遠く後ろにF4が確認できたときはきちんとコーナーを攻めることができるようになりました。いままではとにかく後ろにF4が見えたら「次のコーナー、インに寄ったらぶつかる!」と思って寄れなかったのでこの違いは大きい!。ただし、F3がいるときはダメ。無理。めちゃくちゃ遠くに見えても一瞬でやっぱり隣にいる。F4とF3ではコーナリングスピードが格段に違います。でもF3はそんなに台数がいないので抜かれたらまた1週追いつかれるまでしばらくは来ないことがわかりました。

よし、これなら次回から本格的に鈴鹿の本コース、攻めることができるぞ!

頑張ります ( ̄^ ̄)ゞ

ロータスエキシージ改 鈴鹿本コースで練習

今日はナンバーありの箱車走行枠があるため、ロータスエキシージ改(ホンダK20エンジン+スーパーチャージャー)で鈴鹿サーキットに来ています。

この車。フロント中央にある牽引フックにナンバーが留めてあるので、ナンバーを外すとそのまま牽引フックが現れてサーキット走行準備OK!(牽引フックが無い状態で走るとコースアウトで復帰できないとき、車両回収がなかなかできずに他の人に迷惑がかかります。最悪、回収のために屋根に無理やりロープをかけられ、あらぬところが痛んでしまいます)

さて、箱車も走行する為にはフォーミュラーのように走行券を買うのですが、ナンバー付きの走行枠はそれを証明する為の大きなシールをもらい、車両の見えるところに貼り付けます。(ちなみにフォーミュラーはシールはもらわず鈴鹿のライセンスカードを走行直前、ピット前のレーンで機械に通してチェック完了) 鈴鹿の場合はレーン右側にチェックする人がいるので僕は運転席すぐうしろのピラーに貼り付けました。

車両に乗り込み4点式シートベルトを締めるのですが、フォーミュラーの場合はメカニックのスタッフがやってくれていて自分で締めるのは初めて。悪戦苦闘でようやく閉めたら、今度は開いたままのドアに手が届かないことに気がつきます。どう頑張っても閉められないw またシートベルトを外してドアを閉めて・・・。二度手間三度手間でようやく準備OK。ちょっと間抜けでイラっとする瞬間でした。

パドックは空いてるところは自由です。先約がいる場合は邪魔にならないように前後に2~3台で共有する感じ。パドック前のレーンに並び、シグナルグリーンを待ちます。

そして初めて箱車(ロータスエキシージ改)で鈴鹿サーキット本コースにコースイン。エンジンの馬力があるのでフォーミュラエンジョイより加速が速い。重量はフォーミュラより重いのでブレーキングとコーナーはフォーミュラより遅い。フォーミュラに比べてロールする。でも、感覚は結構似ています。

タイヤが隠れているので、コーナーでどこにタイヤがあるのか?最初はわからなかったけどコーナーにある縁石に何度か乗せるうちになんとなくわかる様になってきました。

あ、これならフォーミュラー枠が無いときに練習できる!目的どおりの使い方が出来そうです。

よし、バリバリ(古っ)練習するぞ!

頑張ります ( ̄^ ̄)ゞ

ロータスエキシージ 峠道を軽く走る

フォーミュラーのサーキット練習補完用に購入したロータスエキシージですが、年末年始で鈴鹿サーキットの走行枠が無いため、軽く近くの峠を走ることにしました。

鈴鹿サーキット仕様のため、車高が低く公道には向いていませんが、峠を軽く走るくらいなら大丈夫です。気温が低いのでタイヤがなかなか温まらず、3速でもアクセルを踏むとホイールスピンが始まります。それだけ注意すれば峠でも十分楽しめることがわかりました。

もちろんサーキットより公道のアスファルトは摩擦係数が少ないのでタイヤを暖めてもそれほど限界のグリップ力は出ませんが、マージンをとって楽しく走るだけなら大丈夫でした。

ただし、リクライニング機能なしのフルバケットシートですからツーリングは不向きです。あくまでスポーツ走行中は楽しいというだけです。高速道路の巡航は苦痛です。エンジンの回転がVTECで跳ね上がりそうになるのを我慢してアクセルを一定に保つのはぜんぜん楽しくないどころか苦痛です。

サーキット仕様だなぁ、と改めて確認できたところで次回は鈴鹿サーキットに持ち込んでみようと思います。Sタイヤ、どれくらいグリップするかなぁ?

頑張ります ( ̄^ ̄)ゞ

サーキット練習用のロータスエキシージ納車

フォーミュラーカーのサーキット練習用に購入したロータスエキシージ、ホンダK20エンジン乗せ替え+スーパーチャージャー仕様が本日納車されました。

納車直後、左ウインカーの玉切れがあったため交換しようとしたら、ジャッキアップしてフロントタイヤ裏からじゃないと交換できないことに気付きました。購入したTKスポーツさんは大阪。ココは愛知。自分でやることに決め、ジャッキアップしてフロント左のタイヤを外し、内側からウインカーランプをなんとか自分で交換しました。輸入車用のランプのバルブは若干ツメの位置が違い、知らずに国産用のバルブを購入してしまったのでツメの一部を削って無事交換を終えました。

油圧タイプのジャッキでやっていたので、見た目はちょっとしたメカニックが作業している感じで、面倒でしたがちゃっかりFBネタにw。

ちなみにフロント左をジャッキアップしているのに簡単に左リアも上がり、改めてレースカーに近い剛性の高さに驚きました。

速く乗りたいけどもう年末です。走行は来年ですね。

頑張ります ( ̄^ ̄)ゞ