2日連続JAF-F4 鈴鹿サーキットフルコース

昨日に引き続き、速いアルミJAF-F4(2,000cc)で鈴鹿フルコースを走ります。天気は晴れ。本日も、もちろんスリックタイヤで練習です。

このマシンもハンドルにはAIMのロガー(エンジン回転、スピード、温度、加速G、旋回G、ラップタイム、走行軌跡など走行データを表示、記録)がついていて、回転が上がるとLEDが「パッ、パッ、パッ」と点灯し、シフトチェンジのタイミングになると「パパパパパパ」と激しく点滅します。

TVで写るオンボード映像に写っているアレです。

以前も書きましたが、僕はヘルメット越しに見るレーシングカーに乗ってる感が満載のこの光景に毎回テンションが上がります。

このクラスになると、車両が激しく前後左右に動くため、シートとドライバーをがっちり固定しないとハンドル操作、ブレーキ操作がタイムを詰める以前にまともに出来なくなってきます。ハンドルを切る→体が隙間分ズレる→体が止まる→ハンドルを持つ手がブレなくなる・・・。という感じになるのでまったくダメ。左右に連続してハンドルを切るS字などもってのほか。

レーシングカーのハンドル操作の基本、ハンドルを押さえつけながら操作をすれば体がシートにグッと埋まり、ある程度は動かなくなりますが、F4の太いスリックタイヤで体にかかる横Gはそんな程度の力では体が簡単に左右にズレまくります。もちろんブレーキをかければ体が前にせり出すのでブレーキを踏む踏力が変化してしまい、まともなブレーキングができません。

そのため、自分で所有するマシンの場合は「シート発砲」を行ない、ドライバー個人しか座れないオリジナルのシートを作成します。シート発砲は、シートがない状態の床板が見えるところに座り、アクセルブレーキの位置に足を乗せ、自分が操作しやすい近さでハンドルを持ち、体を後ろに倒した状態でパントマイムみたいに体の動きを停止。熱で溶かした発泡剤をドライバーとマシンの隙間に流し込みます。(あらかじめビニールを敷き、機器の隙間に発泡剤が入り込まないようにしてあります)

熱い発泡剤を動かずに我慢していると、みるみる流し込んだ発泡剤がお尻から腰、太もも、ふくらはぎあたりまで膨らみながら包み込んでいきます。そのまま10分ほど待つと、ドライバーの体系の型に固まった発泡剤シートの出来上がり。不要な部分をカットして記事を貼ればドライバー各自のオリジナルのシートが出来上がります。

ということは・・・はい。おしりの下は床材のアルミ板のままです。

初めて知る人は「へぇー」と驚かれますが、おしりの下は直接マシンのアルミ板というのはとても大切な要素なんです。

おしりの下がマシンのアルミ一枚の床のまま、6点式シートベルトによってガチガチにドライバーはマシンに押し付けられると、おしりはマシンのアルミ床とピッタリくっついている訳で、一体化します。すると、マシンの挙動が少しでも乱れるとおしりを通じてすぐに体に伝わるようになっています。これをおしりのセンサーって言います。

速い人は、このおしりのセンサーの感度が抜群に高いんです。とんでもないスピード域でリアが滑ると、普通、あっと気づいた時には間に合わずにスピンです。あっと思う前にリアの滑りはじめの挙動、兆候をおしりセンサーで感じ取ることができればカウンターを当ててオーバースピードのスピンを回避することが可能です。しかし、カウンターを当てればスピンはしませんが、ハンドルが抵抗になってスピードが落ちてしまいます。センサーがさらに正確で敏感ならカウンターを当ててスピードダウンする前の兆候をつかみ微調整ですませることが可能です。40歳を過ぎてから挑戦する僕と、小さい頃からカートでリアを滑らせ、おしりセンサーを磨いてきた若い人とは「おしりセンサー」の感度、精度があまりにも違うのは残念ながら認めなくてはいけません。

で、本日はレンタルのF4です。

はい。専用シートはありません。汎用の背あてなどを入れたりして操作できる程度のポジションを即席で準備します。

レンタルで乗るときは毎回発泡シートをつくれないので、そもそも攻めた走りはできないのが残念。発泡シートならリアタイヤが滑っても「おしり」のセンサーで即座に理解し、的確なカウンターをあてることができますが、レンタルF4だとリアタイヤが滑っても一緒にマシンの中でおしりもズレる。センサーあまいのでカウンターが遅れてしまうのです。

ただし例外があります。すでにプロで走っているドライバー。他人の指導でレンタルで乗ることがありますが、体がずれる分の「あそび」も考慮して走らせられる。もちろんベストラップは出ないでしょうが、十分ガチなタイムを出してしまいます。数多くのマシンやレースを走らせて、こんなときはこう操作すればリカバリーができるという「引き出し」が数多くあるのでハンデをものともせずにタイムを出してしまいます。

ということは、言い訳せずに、この感度、精度を少しでも上げられるようにとにかく練習あるのみということですね。感度、精度が上がらないと、タイムを削ろうと攻めたときにスピンばっかりになってしまいます。

今日も4枠全て走りきります。 ( ̄^ ̄)ゞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です