今年初の鈴鹿サーキットはJAF-F4 ×2

アメリカから帰国して今年初めてのサーキット走行(鈴鹿フルコース)はドライ!スリックタイヤです。購入したFIA-F4は納車がまだなので、それまではJAF-F4でしばらく練習しなくちゃいけません。

日本国内のレースは長年、JAFが取り仕切っていてるため、各年のレギュレーション(その年のレースに参戦できる車両規格)が異なるときに制作されたいろいろなF4が存在します。レース界ではF4と言うと「アルミ?」とか「カーボン?」とか「ルノー?」とかの会話になります。今はさらに日本独自のJAF規格ではなく、世界基準のFIA規格のF4「FIA-F4」があり、国内F4レースではダントツの参加台数、トヨタやホンダといったワークス体制で若いドライバーを乗せ、明日のプロを育成するチームが熾烈なトップ争いを繰り広げる、ダントツの盛り上がりを見せています。そうしたワークスチームのドライバーの多くは、なんと免許を持たない16~17歳!!会えば相当子供に見えます。が、僕より断然速い。というより次元が違います。16歳と真剣勝負で圧倒的に負ける。レースはちょっと衝撃だし不思議な気分です。

まあ、F1のマックス・フェルスタッペンが17歳でF1デビューしたことを思えば驚かない・・・のかもしれませんが・・。

さて、先に書いたとおり僕のFIA-F4は納車がまだなので、本日乗るのはJAF規格のアルミのF4(1,800cc)のレンタル。このマシンはHパターンの5速です。2,000ccのF4アルミ、カーボンのマシンがあるJAF規格のF4としては規格が古くて性能が低いマシンですが、スーパーFJからステップアップの練習で乗るにはちょうど良いかなと個人的には思います。

しばらく修行していたスーパーFJはスリックタイヤと言ってもタイヤ自体が細かったため、割とすぐにタイヤが滑る。結果的にそんなに(F4と比べればですが・・)横Gなどがかからない。低いコーナースピード、低い横Gでリアが滑ってもカウンターが十分間に合います。

ところがF4はタイヤが太いため、スリックタイヤだと比べ物にならないくらい滑らずに踏ん張ります。コーナースピードが断然高いのです。そして強烈な横Gに耐えて耐えて耐えて・・・、あるとき限界を超えると「スパッ!」とリアが滑ります。耐えて横Gがかかっている分、滑りが速い。えっ?と思ったらマシンがまわってます。このあたりのマシンの限界を見極めるのが難しいし、まずは一番慣れないといけないところです。

ちなみにフォーミュラカーは日本車と反対、右側にシフトがあります。外車のマニュアル車に乗っている人は違和感がありませんが、日本車のマニュアル車に慣れている人は、あれ?逆!?ってなります。

そしてフォーミュラカーのシフトは超ショートストローク。市販車のマニュアルミッションとはまったく別物です。最初はシフトが前に動いたのかどうかもわからないくらいの動作、指1本程度の動きでシフトが変わります。シフトチェンジも市販車みたいにクラッチ切れば何事もなかったように簡単には入る訳ではありません。回転数が合わないと「ガリガリガー」とあっけなく弾かれてしまいます。しかもシフトアップはクラッチを切らずに繋ぎます。一瞬アクセルと抜いた隙にクラッチを踏まずにシフトアップを一瞬で行なわないと「ガリガリガー」です。ヘタにクラッチを踏むと今度は回転がさらに合わずに「ガリガリガー」です。

高速で回転しているギアに回転を合わせて強く一瞬でシフトをねじ込まないと「ガリガリガー」と弾かれます。最初は手のひらの皮がむけるくらい「ガッ」と目一杯の力で瞬時に入れないと「ガリガリガー」とあっけなく弾かれてニュートラルになってしまいます。しかもコーナリング中には相当な横Gを受けながら、コーナーによってはそれに抗う方向にギアを入れないといけないケースがあるため、どうしてもダンロップで3速に入らない・・・とか、特定のコーナーでギアが入れづらい・・ということが発生します。

本日のレンタルF4マシン。1本目をグルグルしていると・・・うーんどうもギアの入りが渋い。2本目、だましだまし乗っていましたが、ヘアピン抜けた後のシフトアップが酷くなり、力いっぱいシフトしても入らずシフトミスが目立ってきたのでピットイン。原因が分からず直らないので、急遽パワーのある青のF4(2,000cc)にステップアップして乗ることになりました。

パワーのあるF4は今日が初。とにかく速いマシンだとタイムが上がるので、コーナーとコーナー間が短くなり、Gへ対抗している時間がさらに多くなります。

速いから気持ちがいい→コーナー辛い、ハンドル重い→速いから気持ちがいい→コーナー辛い、ハンドル重い→首痛い の繰り返し。

FIA-F4はどんなだろう?JAF-F4はLSD入っていてコーナーでリア片輪浮かせてもアクセルオンでごまかせるけれど、FIA-F4はFJ(スーパーFJ)と同じでLSD無しで空転する。

せっかくFJで練習してきたのに、JAF-F4で雑なアクセルに慣れてしまうのは良くないなぁ。そんなことを考えながら4本すべての枠を走行しました。

 

明日も頑張ります。 ( ̄^ ̄)ゞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です