2日連続JAF-F4 鈴鹿サーキットフルコース

昨日に引き続き、速いアルミJAF-F4(2,000cc)で鈴鹿フルコースを走ります。天気は晴れ。本日も、もちろんスリックタイヤで練習です。

このマシンもハンドルにはAIMのロガー(エンジン回転、スピード、温度、加速G、旋回G、ラップタイム、走行軌跡など走行データを表示、記録)がついていて、回転が上がるとLEDが「パッ、パッ、パッ」と点灯し、シフトチェンジのタイミングになると「パパパパパパ」と激しく点滅します。

TVで写るオンボード映像に写っているアレです。

以前も書きましたが、僕はヘルメット越しに見るレーシングカーに乗ってる感が満載のこの光景に毎回テンションが上がります。

このクラスになると、車両が激しく前後左右に動くため、シートとドライバーをがっちり固定しないとハンドル操作、ブレーキ操作がタイムを詰める以前にまともに出来なくなってきます。ハンドルを切る→体が隙間分ズレる→体が止まる→ハンドルを持つ手がブレなくなる・・・。という感じになるのでまったくダメ。左右に連続してハンドルを切るS字などもってのほか。

レーシングカーのハンドル操作の基本、ハンドルを押さえつけながら操作をすれば体がシートにグッと埋まり、ある程度は動かなくなりますが、F4の太いスリックタイヤで体にかかる横Gはそんな程度の力では体が簡単に左右にズレまくります。もちろんブレーキをかければ体が前にせり出すのでブレーキを踏む踏力が変化してしまい、まともなブレーキングができません。

そのため、自分で所有するマシンの場合は「シート発砲」を行ない、ドライバー個人しか座れないオリジナルのシートを作成します。シート発砲は、シートがない状態の床板が見えるところに座り、アクセルブレーキの位置に足を乗せ、自分が操作しやすい近さでハンドルを持ち、体を後ろに倒した状態でパントマイムみたいに体の動きを停止。熱で溶かした発泡剤をドライバーとマシンの隙間に流し込みます。(あらかじめビニールを敷き、機器の隙間に発泡剤が入り込まないようにしてあります)

熱い発泡剤を動かずに我慢していると、みるみる流し込んだ発泡剤がお尻から腰、太もも、ふくらはぎあたりまで膨らみながら包み込んでいきます。そのまま10分ほど待つと、ドライバーの体系の型に固まった発泡剤シートの出来上がり。不要な部分をカットして記事を貼ればドライバー各自のオリジナルのシートが出来上がります。

ということは・・・はい。おしりの下は床材のアルミ板のままです。

初めて知る人は「へぇー」と驚かれますが、おしりの下は直接マシンのアルミ板というのはとても大切な要素なんです。

おしりの下がマシンのアルミ一枚の床のまま、6点式シートベルトによってガチガチにドライバーはマシンに押し付けられると、おしりはマシンのアルミ床とピッタリくっついている訳で、一体化します。すると、マシンの挙動が少しでも乱れるとおしりを通じてすぐに体に伝わるようになっています。これをおしりのセンサーって言います。

速い人は、このおしりのセンサーの感度が抜群に高いんです。とんでもないスピード域でリアが滑ると、普通、あっと気づいた時には間に合わずにスピンです。あっと思う前にリアの滑りはじめの挙動、兆候をおしりセンサーで感じ取ることができればカウンターを当ててオーバースピードのスピンを回避することが可能です。しかし、カウンターを当てればスピンはしませんが、ハンドルが抵抗になってスピードが落ちてしまいます。センサーがさらに正確で敏感ならカウンターを当ててスピードダウンする前の兆候をつかみ微調整ですませることが可能です。40歳を過ぎてから挑戦する僕と、小さい頃からカートでリアを滑らせ、おしりセンサーを磨いてきた若い人とは「おしりセンサー」の感度、精度があまりにも違うのは残念ながら認めなくてはいけません。

で、本日はレンタルのF4です。

はい。専用シートはありません。汎用の背あてなどを入れたりして操作できる程度のポジションを即席で準備します。

レンタルで乗るときは毎回発泡シートをつくれないので、そもそも攻めた走りはできないのが残念。発泡シートならリアタイヤが滑っても「おしり」のセンサーで即座に理解し、的確なカウンターをあてることができますが、レンタルF4だとリアタイヤが滑っても一緒にマシンの中でおしりもズレる。センサーあまいのでカウンターが遅れてしまうのです。

ただし例外があります。すでにプロで走っているドライバー。他人の指導でレンタルで乗ることがありますが、体がずれる分の「あそび」も考慮して走らせられる。もちろんベストラップは出ないでしょうが、十分ガチなタイムを出してしまいます。数多くのマシンやレースを走らせて、こんなときはこう操作すればリカバリーができるという「引き出し」が数多くあるのでハンデをものともせずにタイムを出してしまいます。

ということは、言い訳せずに、この感度、精度を少しでも上げられるようにとにかく練習あるのみということですね。感度、精度が上がらないと、タイムを削ろうと攻めたときにスピンばっかりになってしまいます。

今日も4枠全て走りきります。 ( ̄^ ̄)ゞ

今年初の鈴鹿サーキットはJAF-F4 ×2

アメリカから帰国して今年初めてのサーキット走行(鈴鹿フルコース)はドライ!スリックタイヤです。購入したFIA-F4は納車がまだなので、それまではJAF-F4でしばらく練習しなくちゃいけません。

日本国内のレースは長年、JAFが取り仕切っていてるため、各年のレギュレーション(その年のレースに参戦できる車両規格)が異なるときに制作されたいろいろなF4が存在します。レース界ではF4と言うと「アルミ?」とか「カーボン?」とか「ルノー?」とかの会話になります。今はさらに日本独自のJAF規格ではなく、世界基準のFIA規格のF4「FIA-F4」があり、国内F4レースではダントツの参加台数、トヨタやホンダといったワークス体制で若いドライバーを乗せ、明日のプロを育成するチームが熾烈なトップ争いを繰り広げる、ダントツの盛り上がりを見せています。そうしたワークスチームのドライバーの多くは、なんと免許を持たない16~17歳!!会えば相当子供に見えます。が、僕より断然速い。というより次元が違います。16歳と真剣勝負で圧倒的に負ける。レースはちょっと衝撃だし不思議な気分です。

まあ、F1のマックス・フェルスタッペンが17歳でF1デビューしたことを思えば驚かない・・・のかもしれませんが・・。

さて、先に書いたとおり僕のFIA-F4は納車がまだなので、本日乗るのはJAF規格のアルミのF4(1,800cc)のレンタル。このマシンはHパターンの5速です。2,000ccのF4アルミ、カーボンのマシンがあるJAF規格のF4としては規格が古くて性能が低いマシンですが、スーパーFJからステップアップの練習で乗るにはちょうど良いかなと個人的には思います。

しばらく修行していたスーパーFJはスリックタイヤと言ってもタイヤ自体が細かったため、割とすぐにタイヤが滑る。結果的にそんなに(F4と比べればですが・・)横Gなどがかからない。低いコーナースピード、低い横Gでリアが滑ってもカウンターが十分間に合います。

ところがF4はタイヤが太いため、スリックタイヤだと比べ物にならないくらい滑らずに踏ん張ります。コーナースピードが断然高いのです。そして強烈な横Gに耐えて耐えて耐えて・・・、あるとき限界を超えると「スパッ!」とリアが滑ります。耐えて横Gがかかっている分、滑りが速い。えっ?と思ったらマシンがまわってます。このあたりのマシンの限界を見極めるのが難しいし、まずは一番慣れないといけないところです。

ちなみにフォーミュラカーは日本車と反対、右側にシフトがあります。外車のマニュアル車に乗っている人は違和感がありませんが、日本車のマニュアル車に慣れている人は、あれ?逆!?ってなります。

そしてフォーミュラカーのシフトは超ショートストローク。市販車のマニュアルミッションとはまったく別物です。最初はシフトが前に動いたのかどうかもわからないくらいの動作、指1本程度の動きでシフトが変わります。シフトチェンジも市販車みたいにクラッチ切れば何事もなかったように簡単には入る訳ではありません。回転数が合わないと「ガリガリガー」とあっけなく弾かれてしまいます。しかもシフトアップはクラッチを切らずに繋ぎます。一瞬アクセルと抜いた隙にクラッチを踏まずにシフトアップを一瞬で行なわないと「ガリガリガー」です。ヘタにクラッチを踏むと今度は回転がさらに合わずに「ガリガリガー」です。

高速で回転しているギアに回転を合わせて強く一瞬でシフトをねじ込まないと「ガリガリガー」と弾かれます。最初は手のひらの皮がむけるくらい「ガッ」と目一杯の力で瞬時に入れないと「ガリガリガー」とあっけなく弾かれてニュートラルになってしまいます。しかもコーナリング中には相当な横Gを受けながら、コーナーによってはそれに抗う方向にギアを入れないといけないケースがあるため、どうしてもダンロップで3速に入らない・・・とか、特定のコーナーでギアが入れづらい・・ということが発生します。

本日のレンタルF4マシン。1本目をグルグルしていると・・・うーんどうもギアの入りが渋い。2本目、だましだまし乗っていましたが、ヘアピン抜けた後のシフトアップが酷くなり、力いっぱいシフトしても入らずシフトミスが目立ってきたのでピットイン。原因が分からず直らないので、急遽パワーのある青のF4(2,000cc)にステップアップして乗ることになりました。

パワーのあるF4は今日が初。とにかく速いマシンだとタイムが上がるので、コーナーとコーナー間が短くなり、Gへ対抗している時間がさらに多くなります。

速いから気持ちがいい→コーナー辛い、ハンドル重い→速いから気持ちがいい→コーナー辛い、ハンドル重い→首痛い の繰り返し。

FIA-F4はどんなだろう?JAF-F4はLSD入っていてコーナーでリア片輪浮かせてもアクセルオンでごまかせるけれど、FIA-F4はFJ(スーパーFJ)と同じでLSD無しで空転する。

せっかくFJで練習してきたのに、JAF-F4で雑なアクセルに慣れてしまうのは良くないなぁ。そんなことを考えながら4本すべての枠を走行しました。

 

明日も頑張ります。 ( ̄^ ̄)ゞ

展示車両が1台1台凄いロサンゼルス Petersen Automotive Museum

今日はラスベガスからロサンゼルスに4時間10分かけて移動して、Petersen Automotive Museum にクルマを見に来ています。

ここの展示車両は1台1台がとにかく凄い。ざっと見ただけでも、2014 BUGATTI VEYRON GRAND SPORT VITESSE “KPM SERIES” $2.4MILLION 、1956 FERRARI 250GT BERLINETTA BY ZAGATO、2003 DODGE TOMAHAWK、1962 CHEVROLET CORVAIR MONZA GT CONCEPT、2015 JAGUAR C-X75 STUNT CAR、歴代のルマン優勝マシン(ポルシェ)、新型フォードGT、変わりダネだと映画に登場するバットマンのバットモービル、カーズのマックイーン、などなど。大人も子供も楽しめる展示車両がいっぱいです。

必ずしもジャンルが揃っているのではなく、観客が楽しめる車種構成になっているのが他のクルマ博物館との大きな違いかなと思います。カーズのマックイーンとバットマンのバットモービルなど映画に出てくるクルマが混在しているあたり、クルママニアではなくても幅広い年齢層が「あ、映画で見た!あ、こっちも!」と身近に感じる展示の仕方。

2階にあるカーズ専用の空間には壁にマックイーンやメーターの設計展開図が大きく貼られ、さながらクルマの開発室を思わせる内装の中に、簡単なアップダウンのあるコースが用意され、子供がマックイーンやメーターのおもちゃを持ってコースを走らせている光景も見られました。

もちろん、実物大のマックイーンを見た子供のテンションの上がり方、キラキラした顔と歓声は半端ではありません。

他にもお約束のヒストリックカー、トヨタの水素自動車ミライ!、名だたるバイクなど、次から次へと「あっ!」と指差したくなる名車たちがたくさんありました。

中でも個人的に、新型フォードGTがとにかくカッコいい。特にリアセクションはエンジンがある中央ブロックとリヤタイヤのフェンダーが完全に分離していて、フォーミュラーに最低限のボディーをかぶせて強度の為にルーフから繋げているデザインアプローチ。もはや市販車のデザインの域を超えてます。しかも先代と同じくサーキット走行時に「スッ」っと車高が下がる。下がった車高は100%サーキット専用車でしかありえない最低地上高しかありません。

だいたい、バネ下重量を軽くするためのプッシュロッド式サスペンションなんてまるでフォーミュラ。驚くしかありません。

展示されていた車両はイエローの中央に2ラインが施された車両でしたが、デザインが秀逸なのでどんなカラーだってカッコいい。今までずっと、一番欲しいのはフェラーリF40でしたが、これを見てしまうとフォードGTは同じくらい欲しい車になってしまいました。

先週寄ってきた、ニューヨーク、マディソン・スクエア・ガーデンにもブルーの新型フォードGTの巨大広告動画が流れていて、15分くらい繰り返される動画をしばらく眺めてしまいました。すごいなぁ、一目惚れ。買えないのがくやしい・・・。マクラーレンよりカッコいいじゃないか!

話によると、フェラーリのスペチアーレより入手困難なレベルらしいです。かなり吟味されて購入権利を得る人が選ばれる様子で、旧フォードGTが2008年に姿を消してから9年ぶり。相当な年月が経っているのでどんな人が権利を得られるのやら・・・まったくわかりません。年間250台の枠は2020年まで2年延長されたと発表されましたが、喉から手が出るほど欲しい人が数多くいるため、前回の応募で落選した応募者にチャンスが与えられただけで新規で応募できる訳では無いようです。まぁ、日本にはすでにフォードのディーラーすらないですけれど・・・。

僕の中での今のベストデザインは間違いなく「新型フォードGT」です。機会があれば騙されたと思って一度実車を見てみてください。

乗り味は今風なのかもしれませんが、デザインは間違いなくベストです。

話は逸れますが、今まで一般道で乗って一番楽しかったスーパーカーは、ランボルギーニカウンタックです。しかもキャブ車。このクルマ、とにかく規格外。予想外。普通、この手のクルマはハンドルがパワステじゃないから重たいことが予想できます。クラッチがメチャクチャ重いのも想像できます。100歩譲ってブレーキにブースターが無くレーシングカー並みに重く踏力がいるのもありでしょう。しかし、アクセルすら重いなんて絶対想像なんてできません。

とにかく一般道を40km程度で走るだけでも「ガォーーゴボゴボ、バンバンバン、ガォーーゴボゴボ、ガォーークウォーーーーン」まるでサーキットを走っているくらい背中の12気筒が唸って汗だくで30分走った後は、まるでレース後の疲労感でした。これは楽しかった。というか笑った。

次に楽しかったのは自分で買ったフェラーリ348でした。パワステが無いのがとってもリニアで、スーパーカーライトも気に入っていました。

あとはいろいろあるけれど、総じて新しい車種になればなるほどメチャクチャ早いカローラみたいで感動が無くなる感じがしました。パワステのランボルギーニなんて快適そのもの。踏めば速いだけ。楽しくはないかなぁ。そのあたりはまた今度機会があれば書きたいと思います。

どうしてホンダの新型NSXはこうできなかったのかなぁ?そうすれば一気にスーパーカーの仲間入りだったのに・・・。レクサスもマツダもキーはデザイン。とにかくデザイナーでほぼブランドは決まってしまいますよね・・。

普段は見るより乗るのが専門ですが、Petersen Automotive Museum。ココは楽しかったです。

Las Vegas Motor SpeedwayでウラカンGT

今日はネバダ州に来たついでに、ラスベガスモータースピードウェイにある「DREAM RACING」にやってきました。アメリカはいろいろうるさい日本と違い、お金を払い、且つ運転できる技術があるならGTカーにだって乗れてしまうとっても良い国なんです。これならモータースポーツ人口増えるのも納得!

というか、ちょっと走るのにいちいちサーキットごとの年間ライセンスが必要とか、日本の敷居が高すぎるだけなんですけどね。イギリスのシルバーストーンサーキットだって同じようにすぐに乗せてくれます。しかもフォーミュラにだって乗れちゃいます。当然1人乗りだからインストラクターの同乗なんてありません。この差は大きいですね。

さて、ここ「DREAM RACING」には、ほぼ全てのスーパーカーに乗ることが出来ると言っても過言ではありません。ランボルギーニ アヴェンタドール、ランボルギーニウラカン、フェラーリ599、ファラーリ458スペチアーレ、ポルシェターボ、アウディR8、ランボルギーニガヤルドGT、ランボルギーニウラカンGT、フェラーリ458GTなどなどとにかく車種が豊富です。

ヘルメット、ドライビングシューズ、ドライビンググローブは貸してもらえるので手ぶらで行っても大丈夫です。お金を払えば静止画や走行動画などUSBや印刷で記念で購入することも可能です。一般の人はとても良い思い出になりますよね。これはトヨタが国内サーキットなどで開催しているLexus Amazing Experienceでも参加者に対して行なわれているサービスです。

トヨタのLexus Amazing Experienceは抽選ですが、支払う金額の何倍もトヨタが負担してくれている走行体験イベントで、僕の場合は九州のオートポリスサーキットでスーパーGTドライバーを助手席に乗せて、レクサスLF-A、発表前のRC-Fでサーキット全開走行体験。待ち時間は駐車場に作ったジムカーナコースを参加者全員とIS-Fで全開タイム競争。これを2日間にかけて行い、宿泊費別で支払は13万円だけ。ぱっと見、最低でも1人80万以上の経費がかかっています。スタッフだけでも参加者1人に2名~3名はいるし、GTなどプロドライバーも3人に1人はついているし、LF-Aだけでも4台九州まで持ち込んでいるのでひょっとすると100万は超えてます。

ちなみに僕が年間参戦するFIA-F4の1レースは、2日間+練習数日をレンタルのFIA-F4で行なうなら300万円かかります。やっぱり100万以上かかっているのかなぁ・・・。トヨタは凄い会社です。

さて、日本ではいつもフォーミュラーカーばかりでサーキット走行していて、屋根のある箱車の本格的なレーシングカーに乗ったことがなかったので、本日の目的はウラカンGTでサーキットを攻めること。

どんな感じか楽しみです。

サーキット内の事務所に入ると、数多くのトロフィーが飾ってあって、どうやらココ「DREAM RACING」はレーシングチームが副業的にレーシングカーを使ったレンタルサーキット走行を開催してるような感じ。なるほど!資金集め考えてるなぁ。日本だと単純にスポンサー探ししか聞かないけど自分たちでお金を集めているとすれば凄い。さすがアメリカ!

さっそく「ウラカンGTに乗りたい!」と伝えると、「冗談でしょう」と笑われる。「いやマジです」と言うと、「無理ですよ」と返される。「ウラカンGT!他はいらない」と言うと、「ちょっと相談してきます」。と奥のレッスンドライバーらしき人と相談。すると「ウラカンGTは何度か通った人が乗るマシンだから、こっちのポルシェとかに・・・。」と言われたので、「ウラカンGT!日本でレースにも出てるし大丈夫!」とごり押ししたら、「OK!そこまで言うならポルシェから3台順番に乗って腕を見る。大丈夫そうなら3台目にウラカンGTに乗せよう」とようやくOKが出ました。こうした交渉もアメリカならでは。仮に日本なら「規則だから」と言われて頑としてダメでしょうね。

結局、コースを覚えるには丁度いいと割り切り、最初はポルシェターボ。次にノーマルウラカン。最後にウラカンGTに乗るプランで支払を済ませてブリーフィングに向かいます。

コース図、インアウトの位置、信号の意味などブリーフィングを終えると次に9台並んだシミュレーターで、インストラクターらしき人に見てもらいながら5~6周。ここで「やめた方が良い」と言われた人が1名いてびっくりしました。僕もシミュレーターはスピード感が掴めずコースアウトしまくりでしたがセーフ?でした。

シミュレーターが終わるとコースに向かい、途中のロッカーで簡易スーツとヘルメット、ドライビンググローブ、コース脇でドライビングシューズに履き替えて順番を待ちます。仕方が無いのでまずはポルシェターボで全開。日本で毎日乗ってる車だからなんにも面白くないけど「GOOD」と言われ、次にウラカンで全開。「GOOD」と言われ、ようやく最後にウラカンGT。

どんな感じかなぁ・・。前の枠も別の人が走っていたのでスリックタイヤは温まってます。でも・・・コースに出ながらアクセルを開けるといきなりリアが滑ってカウンター。あれ?意外と滑るなぁ。と思いましたが、このカウンターを見て隣のインストラクターが「全開で行け!」とノリノリになってくれました!「GAS!GAS!」踏んでも踏んでも「踏め!踏め!」って言われます。ときおりリアが滑ってカウンターをあてて・・。全然ロールしないし、そんなに加速する訳じゃないし、フォーミュラ乗ってれば十分乗れる。いきなり攻めることができるなぁ。というのが感想でした。

外から見た格好はすごいけど。フォーミュラよりは大きいから?なのか挙動がマイルドで運転しやすいし、パワーはあるけど車重もあるから全体的にマイルド。でも思ったよりロールがないからもっさり感はありませんでした。

一度乗ってみるのはいいけど、やっぱりフォーミュラの方が乗っていて楽しいなぁ。と思いました。