フォミュラーで鈴鹿本コース 3回目

フォーミュラーの超入門編、FE(フォーミュラーエンジョイ)クラスで鈴鹿サーキット本コース3回目の走行になりました。本コースにも慣れてきたので、そろそろタイムが気になります。が、今日も数多くのF4クラスとの混送枠。自分のことばかり考えてるとぶつかってしまうので、バックミラーを常に見ながらの走行になります。

メンテナンスでブレーキローターを交換してあるため、1本目の枠の前半は焼き入れ走行。いきなりフルブレーキなんてしてはいけません。焼き入れが終わるまで、じわりじわり熱を入れる感じでブレーキングしていきます。

今日は同じレース屋さんガレージからもF4が一緒に走るので、本格的なフォーミュラーカーを間近で見ながらの練習になりました。やはりF4と比べるとFEはおもちゃみたい。でもこんな速いの絶対乗れないし・・・と思いながらFEでグルグル周回を重ねます。

本コース3回目でバックミラーにどれくらい遠くに写ればこのコーナーは追いつかれないとか、ある程度分かって来たので、遠く後ろにF4が確認できたときはきちんとコーナーを攻めることができるようになりました。いままではとにかく後ろにF4が見えたら「次のコーナー、インに寄ったらぶつかる!」と思って寄れなかったのでこの違いは大きい!。ただし、F3がいるときはダメ。無理。めちゃくちゃ遠くに見えても一瞬でやっぱり隣にいる。F4とF3ではコーナリングスピードが格段に違います。でもF3はそんなに台数がいないので抜かれたらまた1週追いつかれるまでしばらくは来ないことがわかりました。

よし、これなら次回から本格的に鈴鹿の本コース、攻めることができるぞ!

頑張ります ( ̄^ ̄)ゞ

ロータスエキシージ改 鈴鹿本コースで練習

今日はナンバーありの箱車走行枠があるため、ロータスエキシージ改(ホンダK20エンジン+スーパーチャージャー)で鈴鹿サーキットに来ています。

この車。フロント中央にある牽引フックにナンバーが留めてあるので、ナンバーを外すとそのまま牽引フックが現れてサーキット走行準備OK!(牽引フックが無い状態で走るとコースアウトで復帰できないとき、車両回収がなかなかできずに他の人に迷惑がかかります。最悪、回収のために屋根に無理やりロープをかけられ、あらぬところが痛んでしまいます)

さて、箱車も走行する為にはフォーミュラーのように走行券を買うのですが、ナンバー付きの走行枠はそれを証明する為の大きなシールをもらい、車両の見えるところに貼り付けます。(ちなみにフォーミュラーはシールはもらわず鈴鹿のライセンスカードを走行直前、ピット前のレーンで機械に通してチェック完了) 鈴鹿の場合はレーン右側にチェックする人がいるので僕は運転席すぐうしろのピラーに貼り付けました。

車両に乗り込み4点式シートベルトを締めるのですが、フォーミュラーの場合はメカニックのスタッフがやってくれていて自分で締めるのは初めて。悪戦苦闘でようやく閉めたら、今度は開いたままのドアに手が届かないことに気がつきます。どう頑張っても閉められないw またシートベルトを外してドアを閉めて・・・。二度手間三度手間でようやく準備OK。ちょっと間抜けでイラっとする瞬間でした。

パドックは空いてるところは自由です。先約がいる場合は邪魔にならないように前後に2~3台で共有する感じ。パドック前のレーンに並び、シグナルグリーンを待ちます。

そして初めて箱車(ロータスエキシージ改)で鈴鹿サーキット本コースにコースイン。エンジンの馬力があるのでフォーミュラエンジョイより加速が速い。重量はフォーミュラより重いのでブレーキングとコーナーはフォーミュラより遅い。フォーミュラに比べてロールする。でも、感覚は結構似ています。

タイヤが隠れているので、コーナーでどこにタイヤがあるのか?最初はわからなかったけどコーナーにある縁石に何度か乗せるうちになんとなくわかる様になってきました。

あ、これならフォーミュラー枠が無いときに練習できる!目的どおりの使い方が出来そうです。

よし、バリバリ(古っ)練習するぞ!

頑張ります ( ̄^ ̄)ゞ

ロータスエキシージ 峠道を軽く走る

フォーミュラーのサーキット練習補完用に購入したロータスエキシージですが、年末年始で鈴鹿サーキットの走行枠が無いため、軽く近くの峠を走ることにしました。

鈴鹿サーキット仕様のため、車高が低く公道には向いていませんが、峠を軽く走るくらいなら大丈夫です。気温が低いのでタイヤがなかなか温まらず、3速でもアクセルを踏むとホイールスピンが始まります。それだけ注意すれば峠でも十分楽しめることがわかりました。

もちろんサーキットより公道のアスファルトは摩擦係数が少ないのでタイヤを暖めてもそれほど限界のグリップ力は出ませんが、マージンをとって楽しく走るだけなら大丈夫でした。

ただし、リクライニング機能なしのフルバケットシートですからツーリングは不向きです。あくまでスポーツ走行中は楽しいというだけです。高速道路の巡航は苦痛です。エンジンの回転がVTECで跳ね上がりそうになるのを我慢してアクセルを一定に保つのはぜんぜん楽しくないどころか苦痛です。

サーキット仕様だなぁ、と改めて確認できたところで次回は鈴鹿サーキットに持ち込んでみようと思います。Sタイヤ、どれくらいグリップするかなぁ?

頑張ります ( ̄^ ̄)ゞ