サーキット練習用のロータスエキシージ納車

フォーミュラーカーのサーキット練習用に購入したロータスエキシージ、ホンダK20エンジン乗せ替え+スーパーチャージャー仕様が本日納車されました。

納車直後、左ウインカーの玉切れがあったため交換しようとしたら、ジャッキアップしてフロントタイヤ裏からじゃないと交換できないことに気付きました。購入したTKスポーツさんは大阪。ココは愛知。自分でやることに決め、ジャッキアップしてフロント左のタイヤを外し、内側からウインカーランプをなんとか自分で交換しました。輸入車用のランプのバルブは若干ツメの位置が違い、知らずに国産用のバルブを購入してしまったのでツメの一部を削って無事交換を終えました。

油圧タイプのジャッキでやっていたので、見た目はちょっとしたメカニックが作業している感じで、面倒でしたがちゃっかりFBネタにw。

ちなみにフロント左をジャッキアップしているのに簡単に左リアも上がり、改めてレースカーに近い剛性の高さに驚きました。

速く乗りたいけどもう年末です。走行は来年ですね。

頑張ります ( ̄^ ̄)ゞ

鈴鹿サーキット本コース フォーミュラ2回目

前回、初めて走った鈴鹿サーキット本コース。今日は2回目です。

さすが本コース、今日はF4などメチャクチャ速いマシンも多く走りに来ています。フォーミュラー走行枠は、僕が乗るFE(フォーミュラーエンジョイ)は一番遅いフォーミュラーと同時にメチャ速いF4も一緒に走ります。へたをするとF3も一緒に走ります。今日は、とにかく接触しないように、常にバックミラーを見ながら走りたいと思います。

が、しかし、走ってみると、ミラーに写った次の瞬間にはすぐ横に来ています。何度も確認しましたが、ミラーに写った次の瞬間はすでに隣にいるのです。「危ない!」とにかく危ない。

僕のマシンには、初心者だとわかるように、フォーミュラエンジョイのリアウィングに白い紐をヒラヒラつけていて、抜かしていく速い人たちはヒラヒラを見て初心者の行動を予測して避けてくれているわけですが、とにかく速度差がありすぎてメッチャ怖い。(白い紐ヒラヒラしたのとぶつかると、ぶつけた人が素人にぶつけちゃダメでしょ!と言われるみたいです)

とにかく、僕はハンドル切ってもブレーキ踏んでも、何をしても後ろから追突されそうな気がして仕方ない・・・。

もう割り切って慣れるしかありません。今日は一日バックミラーのにらめっこ。速いマシンにぶつからないことだけ考えて1日グルグルしました。コレ、本当に慣れるのかなぁ!?

 

グルグル頑張ります ( ̄^ ̄)ゞ

鈴鹿サーキット本コースを初めてフォーミュラーで走ります

夏から鈴鹿サーキット南コースで練習を続け、前回の練習で本コースを走れことができる目安のタイムが出たため、いよいよ今日は初めて本コースを走ります。

南コースに比べ、大きく綺麗なパドック。到着するとメカニックはすでにエンジンの暖気を行なってくれています。サーキットの走行は、走行する枠の走行券を購入しないといけないため、まずは走行券の購入に向かいます。その後にガソリンを20L携行缶で2缶買いに行き、着替えて準備万端。パドック前のレーンに並びます。初めての本コース。ドキドキ。

レーン出口のシグナルが赤からグリーンに変わり、前車に続いてコースイン。いよいよ本コース一週目です。1コーナーから2コーナー。おぉ、コースが広い。どこ走ってたらいいの?。直線長っ!。とか、ヘルメットの中でブツブツ言いながら、まずは朝一番なのでアウトイン。1週回ったらピットに戻ります。メカニックが「問題ないですか?」と聞きながらマシンに以上が無いかチェックします。そして再度コース復帰。

2週目の感想は「暇!」。南コースでは加速減速コーナーが狭いコースの為数珠繋ぎで操作しますが、本コースではストレートに入ったらしばらくストレート。やることがありません。コーナー出たらまたしばらく全開。やっぱり暇。フォーミュラエンジョイでは180km程度しか出ないので、F1が走るコースではちょっとまったりです。もちろん南コースと比べて車速は高いので一つ一つのコーナーは今までと緊張感が全然違います。130Rはなかなか180kmオーバー全開のままでは進入できず、恐怖で右足をアクセルから緩めてしまいます。それが気持ちいい。このドキドキ感が怖いけど楽しい。

あたりまえだけど、本コースは南コースと比べるとめちゃくちゃ楽しい。

途中、他のマシンにはどんどん抜かれます。「くそー絶対速くなってやる!」と心に誓って初めての鈴鹿本コースは終了。メラメラと闘志が!!一番やる気になった瞬間でした!!

頑張ります ( ̄^ ̄)ゞ