鈴鹿本コースに行けるタイムが出た!

本日も鈴鹿南コースでフォーミュラーの練習です。これまでの練習で、タイヤとブレーキを温めないとタイムは出ない。コーナーに頑張って突っ込むより次のコーナーをいかに速くまわるか?を考える。1コーナーは慣性ドリフトでゼロカウンターで抜けるのが速い。などなど、毎週意識しながら周回を重ねると、徐々にタイムが縮まっていきました。

あれほど伸び悩んでいたのに・・・

結局、いままでは荷重をしっかりかける前にハンドルを切ってしまい、フロントのグリップが抜けていて曲がらない。自分ではグリップギリギリまで攻めているのでタイムがなぜ上がらないのか意味が分からない。というのを筆頭に、マシンの前後左右に荷重をしっかりかけて、常にコーナーに対してベストな状態に車の姿勢を保てていなかった。ということに気が付きました。

で、目標タイムをあっさりクリア!次回から本コースに出してもらえることになりました。

が、最後まで難しかったのは1コーナーのゼロカウンター。リアが滑るのにあわせてカウンターを当ててしまうと即失速、かといってハンドル真っ直ぐのままゼロカウンターだとそのままスピン。ブレーキングを終えたときにリアが出る微妙なオーバースピードの時だけ成功する感じで調整ができません。フルブレーキング後に踏力を抜いてコントロールするのができません。

練習しなくては!! ( ̄^ ̄)ゞ

フォーミュラに近いロータスエキシージ

鈴鹿でフォーミュラーエンジョイの練習をはじめて気付いたことは、このままでは圧倒的に練習時間が足りないということ。44歳ではじめた自分がカートや他の箱車のレーシングカーでサーキット走行経験がある人に負けないようにするためには、その人たちより数多く練習しないと追いつかない!

フォーミュラーの走行枠は決まっているから、それ以上は別カテゴリの走行時間に走るしかない!もってる車は997turbo。重たくてとても練習できるような車じゃない。フォーミュラーの練習になるような市販車は無いかなぁ・・・?

さっそくプロドライバーに、「市販車でフォーミュラカーに一番近い車はありませんか?」と聞いたところ、それなら「ロータスエキシージ」が一番近いと教えてもらいました。大阪のTKスポーツさんを紹介してもらい、本日おじゃましました。

見せてもらったのは青いロータスエキシージ。エンジンはHONDAのK20に載せ替えてあります。「えっ?」スーパーチャージャーもつけてあります。「えっ?」車検対応済です。「えっ?」速いですよ。「汗」

さっそく試乗させてもらいましたが、ドアを開けた瞬間。あれ?これレーシングカーの骨組みでは・・床も側もアルミむき出し。高いサイドシルをまたいで運転席に。タイヤをあたためつつ加速すると、車重が1トン切るからもちろん速い。2速でもアクセル開けるとタイヤが空転します。車体の剛性が高くて動きはレーシングカーそのもの。パワステ無いから路面のフィードバックもレーシングカー。フォーミュラーに比べてロールはするけど市販車として考えたらガッチガチの足回り。もちろん床はアルミ板一枚むき出しなので、小さな小石がタイヤの下から床下にぶつかり「バチバチ」鳴りっぱなし。

聞けば自動車雑誌や特集DVDにも登場したことのある看板車両ということで、サーキット走行を繰り返しながらここまでチューニングした車両ということでした。

買いだなw

ということで、こちらも即決。

今後はフォーミュラー枠以外に、ナンバー付きの走行枠にロータスエキシージで走行することで、経験者に少しでも追いつけるようにグルグル走りこみます。

頑張ります ( ̄^ ̄)ゞ