GoProで走行映像を確認する

本日も鈴鹿南コースをフォーミュラエンジョイで走行します。前回はグルグル周回して操作に慣れて・・・だけでしたが、今日はGoProというビデオカメラをマシンに取り付け、どんなハンドル操作でどんなラインを走行をしているのか?マシンに乗った自分のヘルメットのちょい横後ろから撮影します。

走行が終わるとPCに撮影したSDカードを入れ、メカニックの人からアドバイスを受けます。youtubeで「フォーミュラ オンボード」で検索すると出てくるアレです。

なるほど、自分ではわからないけどダメなところがいっぱい。どうしても目の前のコーナーをギリギリがんばって曲がると次のコーナーが厳しい(位置が悪い)。何度教えてもらってもゆっくりなら出来るけど、タイムアップを狙ってスピードを上げれば上げるほど同じコトの繰り返しになります。

それから5MTの操作が遅い。Hパターンに沿ってギヤチェンジすると遅い。たとえば2→3速は上→右→上とHパーターンに沿ってではなく、右上斜めに力を加えて「バン」と一瞬で入れる。

走行終了時にはシフトチェンジしている手の皮が剥けそうなくらい痛い。

スピードが上がっているので横Gが徐々に増え、首も痛い。ボクシングやっているのでたいしたことはありませんが、運動してない人は全身筋肉痛確定です。

汗だくで全身筋肉痛。レーシングカーは100%スポーツだと実感しました。

鈴鹿の南コースを一定のタイム以上で走行できないと、F1が走る本コースは危なくて走らせてもらえません。次回からはタイム短縮に向けて特訓がはじまります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です